飲む日焼け止めであるインナーパラソル

飲む日焼け止めであるインナーパラソル

外出するときに日傘は必需品ですが、日傘をしても焼けてしまうほどの強い日差しだと困ってしまうことがあります。

 

日差しの影響で肌が老化することだけは避けたくても、実際には出かけないわけにはいかず、必死にクリームを塗ることをするのですが、それにも限界があると感じることでしょう。

 

そんなときに体内から日焼け止めができるものがあれば嬉しいのではないでしょうか。

 

それが飲む日焼け止めといわれているもので、その中の商品の1つがインナーパラソルといわれているものです。

 

いわば飲む日傘ともいわれているものであり、体の中からの働きで紫外線対策ができるという素晴らしいものなのです。

 

このインナーパラソルは有効成分であるニュートロックスサンをメインに配合されているのですが、ポイントは1日摂取推奨量250mgが摂れるということであり、ここに人気の秘密があります。

 

飲む日焼け止めと紹介してあるものの、有効成分がいまひとつだと結局のところ気休めだけではないのかという気持ちになってしまいがちですが、このインナーパラソルはそのようなものではなく、本気でUV対策をしたい人のためのものであるといえるでしょう。

 

そしてネーミングもインパクトがあり、好感できます。

手がヌルヌルになったり匂いもない日焼け止めのサプリ

 

日焼け止めをする方法は数多く出てきましたが、良く使われているクリームは手の平で伸ばして使用するので塗った後に手の平がヌルヌルしてしまうことがあります。

 

すぐに洗うことが出来ればいいのですが、それが出来ないことで手のヌルヌルに気にしながら動いていかなくてはならなくなります。

 

こういうヌルヌルといった日焼け止めで弊害が出にくいのが日焼け止めサプリです。

 

サプリを口に運ぶだけでいいだけですので、手が汚れてしまうことも全くないために洗面所などがない所であっても使用が出来ます。

 

また、出勤する前に十分な日焼けを防止するためにさまざまなことを講じますが、人によっては満員電車などに揺られながら通勤をしなくてはいいけないことがあります。

 

その際にもサプリは不意に洋服を汚してしまったりすることもないので、満員電車など人が多くてぶつかることが多くても恐れることなく使うことが出来るのです。

 

そして臭いなども発することがないので、近くに人がいるなど匂いに気を使う場所であってもサプリであれば注意することもなくなります。

 

サプリは通勤などで大変な場合や多くの人と近い距離で接触などをしてしまう場合でも、日焼け止めによって匂いやヌルヌルといったものを感じさせないようにすることが出来ます。